酵素ドリンク 人気

酵素ドリンク人気はコレ!
1日1杯・1粒の酵素があなたを変える!

酵素ドリンク 効果の理想と現実

酵素ドリンク 効果の理想と現実

1日高濃度の酵素ドリンクだけを飲む事で、体に必要な酵素と栄養を取り入れながら体を休ませるプランです。いつも働き通しの消化器官がリセットされることで、自己免疫力がアップ!
消化酵素が消費されない分、代謝酵素が大活躍して、集中デトックスの効果が期待できます。

酵素ドリンク ファスティング

酵素ドリンクで効果的なファスティング 酵素ドリンクを飲む量

朝 酵素ドリンクの原液400ミリリットルを水1600ミリリットルで希釈した酵素ドリンクをつくり、500ミリリットルを午前中に飲みます。

昼~夜 お昼から夜20時までに、残りの1500ミリリットルを数回に分けて飲みます。午後の酵素ドリンクは、お腹が空いたら飲むようにしましょう。

ポイント 酵素ドリンクを含めて、1日あたり1500ミリリットルから2000ミリリットル以上の水分を取る様にしましょう。

普段の生活では、意識をしないで食事から水分を取っています。ファスティング中は食事由来の水分が取れない分、水分が不足がちになりますので、意識してミネラルウォーターなども一緒にとるのがいいです。なおアルコールやカフェイン、タバコなどは厳禁ですね。

消化器官だけでなく、体を休める日だと考えてください。スポーツや重労働は避け、自宅などでリラックスして過ごすようにしましょう。

ファスティングプラン復食の酵素ドリンクの飲む量とメニュー

とても大切なファスティングプラン終了後の復食。ファスティングで消化器官は、少ない食事量に慣れていますのでいきなり普通の食事をとってしまうと、ビックリしてしまいます。場合によっては、体調を崩したりするようです。
酵素ドリンクでファスティング
そこでファスティングプラン終了後の復食には、栄養価が高く消化吸収作用の良い酵素ドリンクや酵素スムージーを飲むようにしましょう。

朝 起きてすぐに原液の酵素ドリンク30ミリリットルを470ミリリットルの水で希釈した酵素ドリンクを飲みます。それから30分から60分ほど時間を空けてから、午前中のうちに酵素スムージー500ミリリットル分を飲みます。

昼 酵素スムージー500ミリリットル分を飲みます。

夜 酵素スムージー500ミリリットル分を飲みます。

とても大切な酵素ドリンクでファスティングプラン終了後の復食のこと。
酵素ドリンクでファスティングプランメニューの酵素ドリンクは、濃厚なので、意外に空腹を感じにくく、ファスティング自体は楽に出来る方が多いです。しかし、復食を間違えて、せっかくのファスティングが台無しになってします方も少なくないようです。

酵素ドリンクでファスティングによりデトックスされた消化器官は、すっきり空っぽになっています。というこは、次に入ってくるエネルギーを吸収しやすい状態でもあるのです。そこでうっかり高カロリーのものを食べるとしっか吸収されてしまい、一気にリバウンドしてしまいます。


酵素ドリンクで効果的なファスティングプランメニュー


プラチナエンザミン

酵素を超えた新酵素であるエンザミンを高配合!さらに美容成分をふんだんに使用した『プラチナエンザミン酵素720ml』が大人気!エンザミンの配合として推奨されている「50mlあたり5,000mg」の配合量をクリアした商品です。

エンザミンは、酵素の弱点である熱や酸にも強く腸までしっかり届きます!特許製法による低分子化により吸収力を高め、驚異の低カロリーも実現!

さらにコラーゲン、プラセンタ、ローヤルゼリー、カルニチン、ローズヒップエキス、ツバメの巣エキス、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、金時しょうがエキス、ブラックジンジャー、ヨモギ抽出液、葉酸などの美容成分をたっぷり配合しました!

実感力の違いに驚きの声が続々と届いています!「肌が、もっちり!」「化粧ノリが違う!」「翌朝スッキリ!」「置き換えダイエットにピッタリ!」・・・

あなたの美容と健康維持、酵素ドリンクで効果的なファスティングのサポートにお役立てください。
プラチナエンザミン720mlの詳細を見る


酵素ドリンクで効果的なファスティングプラン復食の酵素スムージー


ws000125


約500種類のスーパーフード栄養素をコップ一杯に凝縮!酵素のパワーで体の内側からリフレッシュ。
多忙なモデルや芸能人の方々も愛用中な理由は・・・毎朝簡単!水やミルクを加えて混ぜるだけ♪
大人気!チアシード・バジルシードスムージー『NatureRhythm』の詳細を見る
酵素ドリンクで効果的なファスティングの飲む量・ファスティング終了の復食用酵素ドリンクの飲む量は、体にとってとても大事なのです。


酵素ドリンク 効果の理想と現実のご紹介でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

PVランキング